クラップスはオッズ賭けを駆使すれば勝率を高められる

考えるひとびと

オンラインカジノのクラップスでぜんぜん勝てなくて悩んでいると、どうにかして勝率を高められないかと様々な方法を模索したくなるものです。オンラインカジノにおいても、クラップスはシューターが振る2個のサイコロの出目で勝敗が決まり、シューター以外はディーラーも含めてサイコロの行方を見守るだけであることから、勝率をアップさせられる要素は何もないように思われます。

しかし、賭け方を工夫することで勝率をアップさせられる可能性があります。例えば、すぐにでも実践できる方法なのが、選択する賭け方を「パスライン」と「カム」に限定する方法です。これらはどちらもシューターが勝つと予想する賭け方で、倍率は2倍とすべての賭け方の中で最も払戻金が少なくなります。
しかし、1投目だとシューターが36分の8の確率で勝つことができ、2投目以降は36分の30という高い確率でシューターは負けることがありません。負けとなる確率が低いため、パスラインとカムのみを選択していれば勝率が高まり、コツコツとお金をためることができます。

考えてベットする

自分以外のプレイヤーが誰も居ない状況下であれば、パスラインとカムとは逆の賭け方にあたる「ドントパス」や「ドントカム」を駆使するのも悪いことではありません。クラップスではこの2つの賭け方を選ぶのは、興が削がれるといった理由で避けるべきとされていますが、オンラインカジノであれば、ディーラーとユーザーの1対1となることからこの賭け方を選択しても問題はありません。
もし、より儲けを大きくしたいのであれば、「オッズ賭け」と呼ばれる方法も駆使すると良いです。これは、1投目で勝負が決しなかった場合に、2投目以降に最初にテーブルに置いたチップとは別に手持ちのチップを追加し、賭け金を追加することを指します。クラップスでは途中で賭け金を追加することが認められており、状況に応じてオッズ賭けを選択すれば、より大きな賞金を得られます。払戻金が多くなる理由は、オッズ賭けで勝利するとハウスエッジが無視されて、ポイントと呼ばれる2投目以降で勝ちとなる出目が出る確率に応じて払戻金が計算されるためです。